RDサポートで働く派遣女子のホンネ座談会

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

未経験でも時短ワーママでも、派遣ならやりたい仕事にトライできる。派遣女子3人の本音座談会(前編)

未経験でも時短ワーママでも、派遣ならやりたい仕事にトライできる。派遣女子3人の本音座談会(前編)

何かと気になる派遣社員という働き方。正社員とはどう違うのか。派遣未経験の方にとっては疑問に感じるところもあるかもしれません。

そこで、RDサポートで働く現役派遣社員3人が登場。なぜ派遣社員という働き方を選んだのか?みんなが思わず頷く“派遣社員あるある”って?

年齢もタイプも異なる3人の女性の本音トークをお届けします。

相川 公子(あいかわ きみこ)さん

相川 公子(あいかわ きみこ)さん
食品香料メーカー、中国茶メーカーを経て、夫の転勤のため8年間上海に駐在。2015年、帰国する。

食品関連の開発業務の経験を活かすべく、RDサポートに登録。現在は水産加工会社の商品開発業務に従事している。1児の母でもあり、家事・子育てとの両立のため、時短勤務中。

所有資格:栄養士

原田 芳美(はらだ よしみ)さん

原田 芳美(はらだ よしみ)さん
社会人経験を経て、専門学校にて栄養士の資格を取得。その後は、資格を活かして料理教室の講師等を業務委託で請け負う。

RDサポートのサービスを受け、2016年3月より製粉会社にて調理・開発業務に従事。

所有資格:栄養士

金井 真美(かない まみ)さん

金井 真美(かない まみ)さん
短大卒業後、1年間、販売業に従事した後、興味のある分析の仕事に挑戦するべく、RDサポートに登録。業務未経験から食品原料メーカーで分析業務に就く。

就業開始から間もなく4年目を迎え、今後のキャリアを検討中。

所有資格:栄養士、フードスペシャリスト

やりたいことはあってもスキルのない人にこそ派遣はオススメだと思う

――まずはみなさんが派遣という働き方を選んだきっかけから教えていただけますか?

金井:私は短大で栄養学科を専攻していたんですけど、就職先は販売のお仕事で。自分の学んできたことと仕事内容に対するギャップがありました。しかも、人の少ない会社だったから何年かいたら自動的に店長になることが決まっていて…。

そんな責任あるポストを任されたら、ますます辞めにくくなると思った。それで、働きはじめて1年だったんですけど、退社を決意しました。

相川:1年で仕事を辞めるのって不安はありませんでした?

金井:ありました。やっぱり3年くらいはやった方がいいんじゃないかな、とか。でも、分析の仕事がしたいという気持ちもあったので、まったく別の業界に行くなら早い方がいいんじゃないかなとも思いました。

そこで、食品業界に特化している派遣会社を探したら、RDサポートがヒットしたんです。

――なぜ派遣にしようと思ったんですか?

金井 真美(かない まみ)さん 金井:やっぱり未経験だし、いきなり正社員は厳しいだろうなって。業務経験を積むためには、派遣という入口が入りやすいんじゃないかなというイメージがありました。

実際、登録したら1ヵ月もしないうちに就業先が決まって。新卒の就職活動に慣れていた分、そのスピード感の違いには驚きましたね。派遣という選択は、やりたいことはあるけれどスキルも経験もない人にとって、ちょうどいいファーストステップだと思います。

相川:それはあるかも。特に食品業界って人気だし、やりたい方がたくさんいる。正直、正面突破するには狭き門だと思うんです。

でも、派遣の場合、その入口がぐっと広がるし、何より専門のカウンセラーが自分にマッチした会社を探してきてくれて、その中から自分の行きたい職場を選べるから、精神的にもすごく楽。

通常の就職や転職の場合、自分で何十社もエントリーしては、ほとんど撃沈するわけじゃないですか。かなり気持ちもすり減りますよね。

原田:私の場合、ずっと業務委託で料理教室の講師をしていて。これからのキャリアを考えたとき、できれば食品メーカーで開発のお仕事がしたいなという興味があったんです。

それで金井さんと同じように食品をキーワードに見つけたのが、RDサポート。私も就業先が見つかるまで1ヵ月もかからなかったかなあ。派遣会社も結局ここしか登録しませんでしたし。

相川:逆に私は結構苦労したんです。と言うのも、主人の仕事の都合で上海にいた関係で、日本で働くのは8年ぶり。しかも子育て中なのでフルタイムで働けないなど、いろいろ制限がありました。

派遣を選んだのも、責任のある正社員では自分の希望通りの働き方はできないだろうなと思ったから。カウンセラーの方に相談しましたが、最初はなかなか希望通りの就業先が見つかりませんでした。

最終的には何とか今の水産加工会社のお仕事が見つかって。おかげで子育てをしながら、やりたい仕事にも挑戦させてもらっています。

私らしさを大切にしながら働ける。派遣だからできる理想のワークスタイル

――正社員では希望通りの働き方ができないというお話がありましたが、派遣をやってみて感じるメリットはどんなところですか?

相川:私にとっては子育てと両立しやすいという点が大きいですね。

まだ子どもも小さいので、家にいる時間は出来れば子育てに集中したい。でも正社員だと、たとえ仕事が終わった後や土日でもメールをチェックしなきゃいけなかったり、開発した商品の売れ行きが思わしくなくてモヤモヤしたり、オンとオフの切り換えがなかなか難しいじゃないですか。

派遣だと、もちろん就業中は全力で頑張りますが、家に帰れば母親の顔にスイッチできる。働くお母さんにとっては、すごくいい労働形態だと思いますよ。

原田 芳美(はらだ よしみ)さん原田:終業時刻になったら特別なことがない限りは帰れるというのはありがたいですね。土日もちゃんとお休みできますし。

金井:私、ライブに行くのが好きなんですよ。

正社員だと急な会議で残業になることも多いじゃないですか。その点、定時で帰れる派遣なら、平日夜のライブでも安心してチケットが取れるっていうのは嬉しいですね。ライブのある日は、時間になったらスッと帰ります(笑)。

原田:オンオフの切り替えができるのは助かりますよね。やっぱりワークライフバランスってすごく大事だと思います。

金井:趣味も大事にしながら働きたいという人にとっては、派遣はオススメだと思います。

――逆に派遣ならではのデメリットってありますか?

原田:やっぱりボーナスがないのは悲しいですね。

相川:ボーナスの時期になると、社員のみなさんが「ボーナスも入ったし、飲みに行こう!」って盛り上がるんですよ。なので、私も「じゃあごちそうしてください」って甘えるようにしています(笑)。

原田:上手い! 今度は私もそうします(笑)。

――家族や趣味、プライベートの時間…。仕事と自分らしさを両立しながらイキイキと働く3人。
後編では、3人の仕事術や今後のキャリアについて伺います。


取材・文:横川良明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RDサポート人材派遣の
最新情報をお届けします