RDサポートで働く派遣女子のホンネ座談会

RDサポート人材派遣

食品・化粧品・ヘルスケア業界専門の派遣求人はRDサポート

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

いろんな会社で働けるって、それだけで結構面白い。派遣女子3人が語るリアル派遣ライフ。(前編)

いろんな会社で働けるって、それだけで結構面白い。派遣女子3人が語るリアル派遣ライフ。(前編)

「ブラック企業」というワードが一般化し、ワークライフバランスの重要性が叫ばれて久しい昨今。ワークとライフ、どちらに重きを置きたいかは、それぞれがしっかり考え、選択していかなければいけません。

今回登場する3人もまたワークライフバランスを考慮し、派遣社員という道を選びました。そんな彼女たちは、どんなことを思いながら働いているのでしょうか。等身大の派遣女子の素顔を覗いてみたいと思います。

勝田さん

勝田 美奈(かつた みな)さん
外資系化学メーカーで事務職を経験した後、専門学校にて栄養士の資格を取得。その後は派遣社員として様々な企業で活躍する。

RDサポートには2007年に登録。現在は、これまで培ってきた官能検査の経験を活かし、製品の出荷判定等の業務に携わっている。

所有資格:栄養士。管理栄養士。実用英語検定2級。ヘルスケアフードアドバイザー。

鳥居さん

鳥居 靖子(とりい やすこ)さん
栄養系の四大を卒業し、病院にて栄養士業務に就く。その後、食品メーカーにて商品開発や品質保証などに関わる。

RDサポートでは2008年より就業開始。現在は大手冷凍食品メーカーにて規格書の作成等の業務を行っている。

所有資格:栄養士。管理栄養士。実用英語検定2級。産業カウンセラー。

有浦さん

有浦 紗也子(ありうら さやこ)さん
農業大学にて生物科学について学んだ後、個別指導塾で塾運営・講師業に就く。

その後、分析業務を志望し、RDサポートに登録。香料メーカーでのサンプルマネジメント業務を経て、現在は某法人にて穀物の残留農薬分析などを担当。

所有資格:中学校教諭普通免許、高等学校教諭普通免許、実用英語検定3級。

結婚、出産、余暇…。派遣社員は、大切なものと天秤にかけて出た答え。

――まずみなさんが派遣社員という道を選んだ理由を教えていただけますか?

勝田:私の場合、自分の価値観にピッタリ合うのが派遣だったという感じでしょうか。と言うのも、私、週5勤務はちょっと自分のスタイルに合わなくて…。

有浦:え? どういうことですか?

勝田:もともと体力的に疲れやすいというのもあるんだけど、週5もフルタイムで働いていたら、人生の大半が仕事で占められちゃうわけでしょう。「それって本当に幸せなの?」っていうのが私の疑問。

仕事ももちろん大切だとは思うけれど、できればプライベートの時間も大切にしたい。だから私にとっては週4勤務がベストなんです。

そういう働き方ができる環境を考えたら、自然と派遣という選択に行き着いたという感じですね。

有浦:いいですね。今は週4なんですか?

勝田:うん。私からすると、もっと週4勤務っていうスタイルが広まってもいいと思う。

今は長時間働けばいいっていう時代じゃない。もっとワークライフバランスを大事にするという意味でも、こういう柔軟な働き方ができる派遣という雇用形態は結構気に入っているんです。

鳥居さん 鳥居:確かにおっしゃる通りかもしれません。私が正社員から派遣に切り替えたのも、ワークライフバランスが大きな理由でした。

正社員って担当業務以外にもいろんなことをやらなくちゃいけないじゃないですか。特に私が勤めていた会社は小規模なところばかりだったので、気づいたらあれもこれも任されるようになっていて…。

私は結婚しているので帰って家のこともやらなくちゃいけないし、正直、完全にキャパオーバーでした。それで、派遣にしてみたんですよ。

勝田:今はどうですか?

鳥居:ずいぶん楽になりましたね。就業時間は8:30~17:30。基本的には定時に退社できるので、体力的にも精神的にもかなり余裕ができました。

有浦:実は私も同じなんです。私の前職は塾講師。塾は勤務時間が夜間帯なので、午前中は寝て、お昼過ぎから起きて活動するという生活が定着していました。最初は若いし平気だったんですけど、徐々に疲れがたまるようになってきて…。

鳥居:なかなか他の人との生活時間も合わなくなりますしね。

有浦:そうなんです。その頃は、今の夫とはまだ恋人同士だったんですけど、彼は夕方になると仕事が終わるので、連絡するタイミングが全然合わない。結果、どちらかが無理して生活スケジュールを合わせている状況でした。

勝田:それは結構大変ですよね。だから、派遣にしたんですか?

有浦:最終的な決め手のひとつに、私自身が結婚したことがあります。

今後、出産のことを考えると、今から正社員でどこかに入っても、すぐに産休を取ったり、退社をしなければいけなくなる。そうすると、結局、会社にも迷惑をかけるし、私自身も辛いだけ。それなら、ライフステージの変化に対応しやすい派遣の方がいいんじゃないかなって。

――ちなみになぜRDサポートに?

勝田:私はその前の会社で一緒に働いていた同僚から教えてもらったのがきっかけでした。

鳥居:私は確かネットで検索したんだと思います。

有浦:私もネットです。いろんな派遣会社を調べたんですけど、Googleで検索するときに関連ワードって出てくるじゃないですか。

中には、「ここってブラックなのかな?」と思うような怪しいキーワードが一緒に出てくる会社もあって。

でも、RDサポートはそれがなかったんです(笑)。あと、私の今後の話をしたら、担当の方が「うちならちゃんと産休も取れますよ」って説明してくださったのも心強かったですね。

会社は、ひとつの国。派遣社員は、いろんな国を渡り歩く旅人のようなもの。

――では、実際に働いてみて感じる派遣社員の良さとは何でしょう?

有浦さん 勝田:やっぱりまずはお休みがきちんと取れることですよね。土日祝ちゃんと休めるっていうのは、それだけで健康的。

鳥居:正社員の頃は完全週休2日制じゃなかったんです。ややこしいんですけど、隔週休2日制でした。週休2日と完全週休2日って、似ているようで意味が違うんですよね。

有浦:知らなかったです。今度からちゃんとチェックしないと。

鳥居:休日欄にちゃんと「祝日」って書いてあるかも要チェックです。記載がないことに気づかず、働きはじめてから祝日は休みじゃないって知らされるケースもありますから。あとは「社内カレンダーによる」って書いてあるところも要注意!

勝田:自分で求人をチェックしていると、そういう基本的な知識がなくて見落としてしまうこともあるじゃないですか。派遣だと、営業さんがきちんと説明してくれるから安心ですよね。

有浦:塾で勤めていた頃は、授業の後に生徒から質問を受けたりして、どうしても帰るのが遅くなることがありました。

でも今の就業先では、たとえまだ業務が終わってなくても、社員さんの方から「もう切り上げて帰っていいよ」と言ってもらえる。そういう気遣いをいただけるのは、派遣ならではのありがたさかもしれません。

鳥居:良くも悪くも気を遣ってもらえるというところはありますよね。私も業務量が多いときは、よく周りの社員さんが「大丈夫?」って声をかけてくださるんです。その一言で救われるところはあると思います。

勝田:これは私の持論なんですけど、会社ってひとつの国なんですよね。だから会社が違えば風習も文化もガラッと変わる。

いろんな会社を転々とする分、そういう企業ごとのカラーの違いを客観的な立場から観察できるのが、私の考える派遣の面白さのひとつ。

会社ごとの慣習や方針の違いを受け入れることで、自分自身の考え方も柔軟になれるし、ずっとその環境にいたら気づかない会社ごとの良さにも感謝できる。これは各国を旅するように渡り歩く派遣ならではだと思います。

大手の社員証を首からぶら下げると、ちょっと誇らしい気分になります(笑)。

――大それたことでなくてもいいんですが、ささやかなプチハッピーを感じる瞬間とかありますか?

鳥居:今、勤めている会社が大手ということもあるのですが、オフィスが築浅ですごく綺麗なんです。ミーハーかもしれませんが、綺麗なオフィスで働けるっていうのはプチハッピーかも。

座談会 勝田:社員証をぶら下げてセンサーをピッとする瞬間とか、何だかちょっと誇らしい気分になりますよね。大手に属している感覚というか。

鳥居:ずっと小さな会社にいたので、社員証をぶら下げること自体が初めて。

社員証を受け取ったときは、ちょっと感動しましたね(笑)。あとは時々、自社製品の社内販売をしているんですよ。市価よりずっと安いのでオトクです。

有浦:いいですね。食費が浮きそう!

鳥居:私が勤めているのは水産加工品メーカーなんですけど、シーフードミックスとかってスーパーで買うといいお値段するじゃないですか。それが社内販売だと本当に安い。とっても助かっています(笑)。

有浦:私、今の会社の前の派遣先が香料メーカーだったんですね。私はいろんな香料をストックしている部署で働いていて。しょっちゅういろんな食べ物の匂いを嗅いでいました。

すごく楽しかったけど、おかげで業務中はお腹が空いて仕方なかったです(笑)。

勝田:わかる!私のやっている試食の仕事も、一日いろんなものを食べるのが仕事。それだけ聞くと夢のようだけど、たまに食欲がないときは大変です(笑)。

大好きだったアイスクリームが見るのも嫌になった時期もありました。あとはどうしても虫歯になりがち。これは食品業界の悲しい職業病かも(笑)。

――職場は違えど同じ派遣で働く同士、出てくる話がどれも「あるある」と共感できるものばかりの3人。後半は、そんな3人が見てきたリアルな派遣ライフをご紹介します。

取材・文:横川良明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RDサポート人材派遣の
最新情報をお届けします